バックナンバー: 2009年 9 月

~夢の中に~ ありがとう!

Satia Live「夢」
たくさんの方のご来場
ありがとうございました。
 
残念ながら来れなかった方々も
あたたかいメッセ-ジ゙や応援
本当にありがとうございました。
 
 
今年、私たちは
 CDリリ-ス という「夢」がひとつ叶いました。
 
思い返せば
私にとって 「CD発売」は
Satiaの活動を始めるまで
夢のまた夢でした。
 
どこかであきらめていました。
 
息子を抱える現実。
息子たちのために生きる!
 
自分の夢よりも
現実の時間的なことや
経済的なことに一生懸命でした。
 
「夢なんて見ている場合じゃない」
 
そんなふうに思うこともしばしば
日々一生懸命でした。
 
 
Satiaに出逢い
いろいろな方々やいろいろな環境に出会う中で
 
何度も
自分の「夢」と、自分自身に向き合い
自分のいろいろな現実とのギャップに
 
自問自答したり、葛藤したり
落ち込んだり、泣いたり・・・
 
子に詫びたり、親に詫びたり
 
そのたびに、私はSatiaメンバ-に励まされたり
Satiaスタッフに支えてもらったり
 
家族が 私が「Satia」であることを
喜んでくれたり
 
そして何より、たくさんの方が
「頑張ってください!」と
「楽しみにしています!」と
 
応援してくださる、その言葉に
続けてくることができました。
 
本当にありがとうございました。
 
 
 
ついつい
歳を考えたり
子供がいるからとか
自分の能力を否定してしまったりして
「夢」をあきらめてしまうことがあります。
 
でも、「夢は叶う」のだということ。
そして、「夢」は
本当に多くの方々の支えがあって
叶うのだということ。
 
家族に出会えて
Satiaに出会えて
応援してくださるすべての方々に出会えて
 
私は今
「生まれてきてよかった」と
心の底から感じることができます。
 
だから
私も、出逢えた人たちの
夢を叶えるお手伝いができたら!
と思います。
 
 
 
 
 
今、私は
「夢」は生きる証なんだなぁ
と感じています。
 
 
だから
夢は大きいとか、小さいとかではなく
できるとか、できないとか
年齢とか関係ないんだと思います。
 
人は、ずっと「夢の中に生きている」
 
そう! 「夢中」
「夢中になる」ってこと。
 
それが、「生きる」ってこと。
 
私たちを応援してくれる人がいるから
私たちは夢中で生きることができる!
 
本当にみんなのおかげだと思います。
 
本当に本当にありがとう!!

「なわて通り」の日曜日

今日、Satiaは
松本市の「なわて通り」で演奏してきました。
 
「なわて通り」は
松本城の近く
市街地の中にありながら
 
昔ながらの商店街が並び
昔ながらの玩具や駄菓子
本や骨董品に会えました。
 
「四柱神社」がそこにあり、
手を合わせる人々の姿が
たくさんありました。
 
「かえる」がシンボルらしく
かえるの像をなでている
愛らしい子供たちの姿もありました。
 
明治時代だか昭和初期だかに
ワープしたような風景でした。
 
 
 
川辺に下りていく階段があり、
 
清々しい緑の合間を
不規則的な階段とはいえない
石の〔岩の〕坂の先に見える川の景色が
 
なんともいえず・・・
 
日曜日の昼下がり
木の下に座って本でも読みたくなるような
 
そんなやさしい風景でもありました。
 
 
そんな、こんな風景の中に
Satiaのオリジナル曲はピッタンコ!
とても心地よかったです。
 
 
今日は
まだまだ夏!
と思わせるような暑い日でしたが
 
足を止めて聴いてくださった方々
ありがとうございます。
 
そんな方たちのそれぞれの日曜日に
Satiaが出会えたこと
嬉しいです!
 
 
演奏が終わって
 
「ここのは天下一品だよ! 食べて!」
 
と頂いた大きなたい焼き5個。
 
ホント! おいしい!
 
ひとつ食べて
 
息子3人に持って帰ってあげよう!
 
と思ったのに
 
帰りの車の中
音響スタッフさんと二人で
「おいしい!」
「おいしい!!」
と止まらず
 
あれれ・・・
息子ひとり分しかない・・・
 
「おかーさん ずる~い!!」攻撃に
「ごめ~ん! ごめ~ん!!」
 
平謝りの私。
 
商店街の方々も
とてもあたたかく迎えてくださり
本当にありがとうございました。
 
また行きたい「なわて通り」でした。

夏の終わりのハーモニー

9月です。
 
今年はもう、ずいぶん暑さもやわらぎ
過ごしやすい日々が続いていますね~
 
最近の朝4時半といえば
まだ真っ暗です。
 
少し前までは4時半といえば
ちょうど陽が出てきて明るかったのに
 
あまりの暗さに
目覚まし時計を疑っちゃいます。
 
 
今朝5時
お弁当を作る合間
ふと、遠くの山を見たら
真っ赤な朝焼けです。
 
あまりの綺麗さに
写メを撮ろうかとケータイを構えましたが
 
うまく撮れなくて残念です。
 
 
我が家の3男はじめ
生徒さん達の話題はもっぱら
「運動会」と「音楽会」
 
 
そして
長男は大学受験の話題
 
もう願書の話です。
 
 
いっぱい咲いていた朝顔も
種をつけ始めました。
 
 
秋が「もうすぐそこまで」って感じです。
 
 
夏の終わりのハーモニー
 
心地よく奏でたいですね~