バックナンバー: 2010年 3 月

新鮮なコンサ-トは神聖だった

昨日
松代文化ホ-ルでの
 
我がSatia
サックスの貴公子「藤澤聡子」と
〔貴公子って聡子は男か・・・・?〕
 
スラリ美人の中川美和さんと
 
とてもチャ-ミングな山中和子さんの
 
「響きあう音」というコンサ-トに行きました!
 
素敵!素敵!!素敵!!!
 
 
3人とも色ドレスを身にまとい
 
1曲目の「アベ・マリア」は
3人がまるで
天使か女神様かマリア様かに
見えましたわ!
 
サックスのクラシックって
私はあまり馴染みがなく
 
普段、聡子のレッスン室から
聞こえてくる曲を聴いて正直、
 
「難しそ~ってか、あまりよくわかんない曲~」
 
なんて思っていました。
 
 
でも、ちゃんとステ-ジでの演奏を聴いたら
素敵な曲がたっくさん!
 
それに
「ふざけているのか!?」とも思うような
おもしろい旋律が度々あり
 
「おもしろ―い!!」と喜んでしまった。
 
そして、サックス2本とピアノの
重なりあったり、掛け合ったりの響きは
とても美しく
 
とても新鮮でした。
 
最後、聡子の「アンコ-ル」の曲は
とても吸い込まれていく感じでした。
 
すごく素敵!
 
あの曲はなんていう曲だろう??
 
神聖な気持ちになるコンサ-トだったな~

羽ばたけ!

3月です。
 
「春だな~」
 
まだ、寒さが残りますが
 
とても春を感じます。
 
昨年、同様
またまた受験生の
嬉しい合格報告を頂き
 
本当に嬉しいっ!
 
合格した生徒さんは
受験に向き合うことで
自分と向き合ったのだろう。
 
「こんな自分だった」
「こんな自分を目指している」など
報告とともに話してくれました。
 
子どもたちの成長を見るのは
本当に嬉しい!
 
その成長こそ
 
「おめでとう!」
 
なのだ~!!
 
 
そして、我が家の長男も
無事大学に合格!
 
すべり止めも受けず
彼の最高目標を見事クリアしたので
 
本当に心からの
「おめでとう」だった。
 
いろんな意味での
親孝行をしてもらったと思います。
 
今は
教習所へ行ったり
バイトしたり
引越しの準備もはじめ
 
もうすぐ
この家を巣立っていく息子をみては
 
ちょっぴり
〔いや・・すごくかな・・・〕
淋しいのと
 
よく、こんなに大きくなってくれたものだ
 
という感心と
 
これからこそが
いろんな試練なんだぞ!
 
という叱咤激励と
 
いろんな想いが湧き上がります。
 
「這えばたて 立てば歩めの親心」は
いつになっても続くのでしょうね。
 
 
息子よ
子だもたちよ
 
世に大きく羽ばたけ!
 
とエ-ルを贈る私であります。