羽ばたけ!

3月です。
 
「春だな~」
 
まだ、寒さが残りますが
 
とても春を感じます。
 
昨年、同様
またまた受験生の
嬉しい合格報告を頂き
 
本当に嬉しいっ!
 
合格した生徒さんは
受験に向き合うことで
自分と向き合ったのだろう。
 
「こんな自分だった」
「こんな自分を目指している」など
報告とともに話してくれました。
 
子どもたちの成長を見るのは
本当に嬉しい!
 
その成長こそ
 
「おめでとう!」
 
なのだ~!!
 
 
そして、我が家の長男も
無事大学に合格!
 
すべり止めも受けず
彼の最高目標を見事クリアしたので
 
本当に心からの
「おめでとう」だった。
 
いろんな意味での
親孝行をしてもらったと思います。
 
今は
教習所へ行ったり
バイトしたり
引越しの準備もはじめ
 
もうすぐ
この家を巣立っていく息子をみては
 
ちょっぴり
〔いや・・すごくかな・・・〕
淋しいのと
 
よく、こんなに大きくなってくれたものだ
 
という感心と
 
これからこそが
いろんな試練なんだぞ!
 
という叱咤激励と
 
いろんな想いが湧き上がります。
 
「這えばたて 立てば歩めの親心」は
いつになっても続くのでしょうね。
 
 
息子よ
子だもたちよ
 
世に大きく羽ばたけ!
 
とエ-ルを贈る私であります。

「発見」 2010

新年あけましておめでとうございます。
 
昨年も、本当に
たくさんの方々に応援していただきまして
ありがとうございました。
 
本年も皆様にとりまして
良い年でありますようお祈りいたします。
 
 
わ-い! わ-い!!
冬休みだ~!!!
 
と喜んだのは昨日のような
気がしますが
 
今日は1月6日
 
 
2010年が始まって
もう1週間になろうとしています。
 
早いですね~
 
もう少し時計がゆっくり
動いてくれたらな~
 
と思うことがよくあります。
 
私は
子どもの頃は、結構1週間が長くて
 
はやく明日にならないか
はやく週末にならないか
はやく○年生になりたい。
はやく大人になりたい。 
 
と思っていました。
 
今思えば
何をそんなに「はやく」「はやく」
といそいでいたのかと
 
ゆっくり 
一つ一つ楽しんでやればいい
 
と、子どもの頃の自分に
声をかけたくなります。
 
そんな私は
この冬休み
 
三男と冬休みの宿題を
大いに楽しみました。
 
まずは年末の大掃除
ズボンをひざまで捲り上げ
マジックリンとカビキラ-
交互に持ち
ほこりや黒ずみと格闘。
 
そして家の中の模様配置換え
いらないものを全部処分して
なんだかすっきりと広々した部屋で
 
今度はお正月を迎える準備のお買い物
 
両手はいっぱい
お財布は軽々として帰ってきました。
 
紅白歌合戦と「K-1」を交互に見て
年越しそば
 
お雑煮を作って食べ
年賀状と新聞折込の広告を楽しみ
 
かきぞめを書きました。
 
子どもの頃
習字を習っていて
何級か忘れましたが
級をとったり賞を頂いたりと
燃えていた頃を思い出し
 
息子に負けじと
並んで書きました。
 
 
それから
宿題の工作では
紙粘土で怪獣を作り
絵の具で色を塗って
ニスを塗って完成。
 
「説明書を作ろう」という課題では
料理のレシピを作りました。
息子が大すきな
「まろやかで、甘みの豊かな
コ-ンシチュ-の作り方」です。
 
息子は記者気分。
 
私はスタジオで手際よく料理をする
シェフ気分です。
 
長男はひたすら受験勉強。
次男はほとんど布団の中。
 
 
息子たちと一緒にいると
自分がやり残してきてしまったこと
 
やるはやったけれど
「仕方がなく」やってきたこと
 
改めて
おさらいしているような感じがします。
 
新しい発見があったり
時代の流れを感じたり
 
とにかく おもしろい。
 
 
私にとって
2010年は
 
「発見」を楽しもう!
 
が、めでたくテ-マと決まりました。

なんとも楽しそうに・・!

先日から驚いたことがあります。
 
以前、このブログに
私の携帯の着信音のことを書きました。
 
そのブログを読んだ小学生が
 
「先生の着メロ知ってるよ!」
 
と言ったかと思ったら
 
すぐにピアノで弾いてくれました。
 
先日も、ひとり
同じことを言って
ピアノで簡単に弾いてくれた
小学生の女の子がいて
びっくりしたのですが
 
何を驚いたかといえば
 
もちろん楽譜のない曲を
耳コピ-で弾いてくれた事。
 
彼女たちは
絶対音感のトレ-ニングをしてきたので
それは簡単なことらしいのですが
 
なんとも楽しそうに
自慢げに弾いてくれました。
 
そして、驚いたのは
その曲をどうやって知ったのかということでした。
 
彼女たちに聞いたら
二人とも
このブログを家族で読んで
お父さんが
「この曲だよ」と携帯で聞かせてくれたとのこと。
 
なんかね・・・嬉しかったですよ。
 
こうやって音楽を楽しめる子が増えている。
 
子どもたちに
音楽を楽しめるきっかけや
環境を与えてくれている家族が増えている。
 
なんかね~
「嬉しいな~!!」って思う1コマでした。
 
ありがとう! お父さん!!

親子

久々のOFFです。
 
今日は 「年末か?」と思うほど
大掃除をしました。
 
トイレの床が傷んでいたのも
自分で修理しました。
 
トイレもお風呂も
「カビキラー」片手に
天井から壁まで隅々。
 
普段 手の届かないところも
今日はピッカピカです。
 
気持ちいいですね~
 
 
そして、我が家のわんこ達もきれいにしようと
 
今日は「幸〔柴犬〕」を
ペットショップにある美容室に
連れて行きました。
 
先週、「アン〔ダックス〕」が
美容室でカットをしてもらったので
今週は「幸」です。
 
我が家のわんこ
「アン」と「ノン」と「幸」は
同じペットショップから我が家にきました。
 
もう我が家にきて何年にもなりますが
3匹とも
そのペットショップのお姉さんが大好きです。
 
「アン」と「ノン」は
普段は知らない人を見ると
吠えてしまうのですが
 
そのお姉さんには
すぐお腹をみせたり、顔をなめたり 
とても嬉しそうです。
 
「幸」は
普段、知らない人をみると
怖くて腰が抜けたように座り込んで
ブルブル振るえてしまうのですが
 
そのお姉さんには
私に抱っこしていても
まるで、小さい子供が
「ママのとこにだっこするぅ~」ってな感じで
お姉さんに身を乗り出します。
 
忘れないんですよね~
すごいな~って
いつも思います。
 
そして、もちろん
そのお姉さんも
まるで久しぶりに我が娘、息子に会ったように
「相変わらず やってるか?」
「3匹で仲良くするんだよ」
なんて言葉をかけて
お母さんそのものです。
 
そんな光景をみると
やっぱり親子っていいな~ と思います。
 
いつになっても
幾つになっても
親は子を思い
子は親を慕う。
 
いろんな形があれど
素敵な親子が世に溢れますように
 
そんな願いがますます膨らんで
 
ますます「Satia」そして「音の絵本「AN」」の
活動に思いを馳せる私でありました。

前を向いて 一歩前へ

あれよあれよという間に
日は過ぎ
 
もう6月最後の日となってしまいました。
 
先日の日曜日
ピティナ・ピアノコンペティションという
全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)が主催する
文部科学省所管のコンク-ル
地区予選(長野)がありました。
 
 
年長さんの
「はなちゃん」が見事
優秀賞と長野支部特別賞を頂き
夏の本選に出場することになりました。
 
ご家族の喜びと同じように
私も嬉しく
飛び上がって喜んだ次第です。
 
 
コンク-ルに出場すること
賞を頂くことが目的ではありませんが
 
こうして、チャレンジして
演奏的にも精神的にも
成長していくこども達を見て
 
私自身、勇気をもらいます。
 
 
勇気をくれるのは
賞を頂いたこども達だけではありません。
 
 
惜しくも
賞につながらなかったこども達の後ろ姿は
 
本当に心うたれます。
そして、いろいろなことを教えてくれます。
 
 
「先生・・ダメだった・・・」と
 
苦笑いして私を見上げる。
 
 
「今回頑張ったことは必ず次につながる。
だから、大丈夫!
また、一緒に頑張ろうよ!」
 
「うん。わかってる。大丈夫」と笑って見せた。
 
そして、後ろを振り返って
人のいない壁際へ行き
壁に指で何かを描いている後ろ姿。
 
私の目頭が熱くなります。
そっと後ろから抱きしめてあげたい。
 
けれど、一生懸命
結果を受け入れようと頑張っているその後ろ姿を
私はそっと見守ってあげるしかありません。
 
 
悲しいときは、いっぱい
「悲しい」って、
「悔しい」って 泣いていい。
 
そして、また前を向こう。
そして、一歩、歩みだそう。
勇気を出して。
頑張れ 頑張れ・・・
 
と心の中で両手を握りしめました。
 
 
そして、私も誓います。
自分自身に。生徒さん達に。
 
「前を向いて 一歩前へ」
そんな生き方を選択し続ける。
 
勇気をくれるこども達に
感謝です。
 
ありがとう。

言い分/言い訳 VS 事実/結果

家のパソコンのインタ-ネットが
つながらなくなってしまい
更新も久々になってしまいました。
 
自分であれこれいじってみたけど
 
ダメ(泣)
 
余計おかしくなってしまったみたい(冷汗)
 
明日、直してもらえるそう・・・(ホッ)
 
 
 
久しぶりに歯医者さんへ行ってきました。
http://www.mayumida-shika.com
 
以前
歯磨きの正しい方法というか
 
私の歯並びにあった
歯磨きの仕方を教えてもらって
頑張って歯磨きしていたんですよ。
 
歯医者さんに行くと
毎回、歯磨きのチェックをしてくれます。
 
そして、歯茎の状態もチェックしてくれます。
そして
それらのデ-タ-を
プリントアウトしてくださいます。
 
そのデ-タ-の数値が
毎回だんだんよくなっていることを
私はとても嬉しく
そのプリントを楽しみにしていました。
 
前回まで行ったときには
先生や衛生士さんに褒められていました。
 
「上手に磨けるようになったね。」って(ニコッ)
 
「えへへ! やった~!! もう大丈夫!
もっと綺麗にするもん!!」
と思っていたわけです。
 
 
 
なのに、昨日
久しぶりにいって
チェックしていただいたら
以前のプラ-クスコア6%が
 
ギョギョ!(驚)
13%
 
なぬ?
 
「え~! うっそ~!!」
 
とショックを受けました(泣)
 
 
「一生懸命磨いていたのに・・・」
とデ-タ-を疑ってしまいましたが
 
これは事実。
 
 
 
慣れてくると、自己流が出てきたのか
「綺麗に磨いている」という
思いこみだけなのか・・・
 
チェックしてくれる人がいない環境の中で
よい状態を維持するのは
難しいものですね。
 
チェックしてくれる人がいない場合は
よほど、自分に
チェックする意識と感覚が必要ですね~。
 
 
子どもの宿題もそうですよ。
時々チェックしないと
「なんでこ~なるの?」的な
結果になっていますもん(笑)
 
子どもに聞けば
もっともらしい
いろんな言い分や言い訳が
いっぱい出てきます。 
 
 
 「やっているつもり」だったり
実際やっていても
やり方が間違っていると
結果は違ったことが生まれますね。
 
これ・・・
歯磨きだけじゃなくて
日々、私が
葛藤しながら向き合っている問題と
共通しています(汗汗)
 
言い分/言い訳
 
の前に
 
事実/結果を受け入れる。
 
大事ですね。。
 
よし! 
頑張るぞ!!

元気で、明るく!

我が家は
朝と夜にお風呂に入る習性があります。
 
私が育った家は
温泉宿をやっていたため
お風呂は24時間いつでも入れたので
それが、習慣付いてしまいました。
 
習慣ついてしまったものをやめるのは
結構、大変なんですね~(*_*)
 
「習慣」というのは
「やめられない」というところから来ているので
 
「朝、お風呂に入っちゃダメ!」と言われると
非常に苦痛です。
 
どうしてか・・・って
 
それは
気持ちがいいから
目が覚めるから
髪をセットしやすいから
・・・などなど
理由はいくつかあるからです~
 
 
だけど
逆に、新たに習慣づけることは
そう簡単なことではないですね~(>_<)
 
「よし!毎朝ウォ-キングしよう!」
と思いきや3日坊主_(._.)_
 
気持ちいいことはわかっているんですが
 
「面倒くさ~い・・・
朝のテレビニュ-ス見ながら
おいしいコ-ヒ-を飲みた~い!」
という気持ちの方が勝ってしまうのである(;_;)
 
 
ピアノのレッスン時に
よく、お母さま方と「習慣」という言葉が
交わされます。
 
その時、私は
「歯磨き」の話をよくします。
 
生まれて間もない頃は
お母さんがガ-ゼで磨いてあげる
しばらくはお母さんが一緒に歯磨きをして
最後には仕上げ磨きをしてあげる
小学校低学年頃までは
「歯磨きしたの?」と言葉がけをする。
そして、高学年くらいになると
「磨かないと気持ち悪い」と感じる
だから、自分から
「磨かずにはいられない」
 
長い年月をかけて
「習慣」ができあがる。
 
そう!
習慣づけるには
くり返しが必要なんだ!
3日坊主になってもくじけない!
いつまでも
元気で、明るい女性でいたい!!
その気持ちが大事!
 
その気持ちが
大きければ大きいほど
やる気はでる。
そして、やり続けると
「習慣」になる。
 
 
 「やり続けること」
これが大事!!
 
と、自分に言い聞かせております(^_^)v

男の子

子ども達のレッスンの始めに
出席シ-ルを貼ります。
 
年間の季節のシ-ルが1シ-トになっていって
一人1シ-トずつ使っています。
 
たぶん
1月用として雪だるま、雪の結晶
2月用としてバレンタインをイメ-ジする
ハ-トにLOVEの文字
3月用にさくら
4月用にチュ-リップ、ちょうちょ
・・・・
というように意図されているものと
思われます。
 
ちょっとおもしろいと思うことがあります。
 
生徒さんの子どもの男女の数は
同じくらいなんですが
 
女の子たちはみんな
ちゃんと意図されたと思われる
その季節のシ-ルを貼ります。
 
だけど、男の子達は全員が
まったく季節感から外れたシ-ルを貼るのです。
 
今は、春なのに
雪だるまやサンタクロ-スや
ハロウィンなどのシ-ルを貼るのです。
 
だいたい、そばにいるお母さんに
「今は違うでしょ!春よ。
だからお花とかちょうちょじゃないの?」
といわれるのですが
 
まったく、お構いなし。
 
楽しそうに、自分の選んだシ-ルを貼ります。
 
 
よく
「男の子の育て方」という本が出版されていたり
「男の子の心理」などの論文がありますが
 
「なんで、こうも違うんだろう」と
とても不思議です。
 
育て方とか環境とか、関係なく
本当に男女に思考の構造の違いは
あるのでしょうかね~
 
私は女の子(?)なので^^;
この男の子達の行動を
ユニ-クに思いますが
 
男の子達の
この自由な発想、行動は
思いもかけない良い展開になることも
多いんですよね。
 
だいたい、お母さんは
男の子に対し
「まったく~」という言葉が
多くなっちゃいますよね。
 
私も我が子は男3人
「まったく~」という気持ちは
よくわかりますね~(^_-)

「あとまわしおばけ」と「今すぐ先に スプレ-」 

最近、息子たちに変化があらわれました。
 
1冊の本がきっかけです。
 
「大切なことから 今 すぐ 先に」
(キングベア-出版)
 

 
という絵本です。
 
 
今まで、口を酸っぱくして言ってきたけど
効果がなかった言葉です。
 
 
だけど、この本のおかげで
 
息子に近寄る
「あとまわしおばけ」を追い払うことに
成功しています。
 
 
 
長男、次男も
「7つの習慣」をマンガで描いた
ティ-ン向けの1冊から
ずいぶん行動が変わりました。
 

 
 
自分の夢から10年後の自分を描き
 
そのために、5年後にはこうなっている。
そのためには、3年後は・・・
1年後は・・・
半年後は・・・
1ヶ月後は・・・
 
そして、そのために
今日、何をするか
という自己管理を始めたのです。
 
 
私自身
フランクリンのシステム手帳を使い
演奏活動、先生、母親、娘、プライベ-トといった
自分が持つ役割を管理しています。
(まだまだ うまくいかない時もありますが(^^;))
 
 
そうすることで
行き当たりばったりの生活で
何かの役割に偏ってしまわないように
心がけようと思って。
 
すぐ、息子のこと、親のこと、
自分のことを後回しにしてしまう私なのです。
そう・・・実は、私もすぐに
後回しおばけにやられてしまいがちなんです(*_*)
 
 
それで、たまたま
このフランクリンが子ども向けの絵本や
ティ-ン向けのマンガを出しているのを見つけたので
 
息子達ににプレゼントしました。
 
 
結構
「あとまわしおばけ」は強者なので
 
「あとまわしおばけ」にやられながらも
 
「今すぐ先に スプレ-」
をシュッ! シュッ!
 
ってしているうちにだんだん退治できる。
 
 
私も 数年前に比べたら
 
私の「今すぐ先に スプレ-」は
ずいぶん 効きが良くなってきている
・・と思います(^_^)v
 
 
 
「今 という時間は もどってこない」
 
 
「あとで」
「いつか」
はないかもしれない・・・
 
 
時間だけは
みんな平等に与えられているもの
 
 
そして
 
「夢は叶う」
 
 
こんなことに気づかせてくれる
 
おすすめの本です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「空を飛ぶ猫 夢を叶える」の巻

いや~
本当にすごかった!
山王保育園での演奏。
 
聡子のブログにもあったが
保育園・幼稚園の演奏で
あの「アン・コ-ルッ! アンコ-ルッ!」の
大合唱は今までで最高だった。
 
嬉しいですね~ホントに(^^)
 
 
そして・・・
もう一つ嬉しいこと・・・
 
それは・・・!
(って もったいぶってしまう(^^;))
 
受験生の生徒さんが志望大学に合格しました!
3人いた受験生
3人とも第1志望校に合格!
嬉しいですね~
 
まずは よく頑張った!
心から拍手を送ります!!
 
しか~し!
今 彼らは新たなスタ-ト台に立ったところだ。
 
新たな地で
また、いろいろな人に出会い
自分に向き合い
周りを見たりしながら
成長するのだろう。
 
大きな大きな心の羽をいっぱい広げて
大きな大きな空へ羽ばたいて行ってほしい。
 
そんなことを願いながら
私もまた空を飛ぶ鳥である。
(あれ・・? 私、自称 猫なんだけど・・・)
 
でも・・・空を飛ぶ猫でいっか~(^O^)
 
「空を飛ぶ猫 夢を叶える」の巻
 
こんなスト-リ-を描きたい。
 
よし!
まずは Satia CD発売に向けて
 
ますます頑張るのであ~る!