山椒は小粒でもぴりりとからい

バックナンバー: 2008年 11 月

アンコンシーズン到来

アンコンとは・・・

吹奏楽部経験者ならば、

懐かしい響きではないでしょうか。

冬に行われる、アンサンブルコンテストの略。

 

この時期になると、いろいろな中学校や高校から、

レッスン依頼をいただくのですが、

色々な学校に様々な生徒がいて

本当におもしろいですね。

 

私もその昔、アンコンだ吹奏楽コンクールだと

燃えた時代がありました・・・(遠い目)

ホント青春だったなー。

あの頃はあの頃で、命かけてたな、

と思うもんね。

 

だから、頑張ってる生徒たちを見ると、

ついつい応援したくなってしまいます。

本当に難しい曲を選ぶ学校もあって、

厳しいことも言いがちだけれど、

せっかくコンクールに挑むのだから、

何か得るものがあってほしいと思うのです。

 

がむしゃらとか、死ぬ気でやるとか、

ひたすら精神論でおす気もないけれど、

若さゆえにできることってきっとある!

と思うんですよねえ。

 

高校は12月中に、中学校は1月初めに

大会が始まります。

生徒たちは年末年始も冬休みも、

練習練習また練習。

 

大人になった時に、自分の血となり肉となっている。

頑張れー!!

(今回はちょっと説教くさかったかな・・・)

ホテルタングラムにて

昨日の気功のお陰で、今日の目覚めはスッキリ!

今夜は斑尾高原にあるホテルタングラムで、

深瀬人寛くんと演奏でした。

 

今回は旅行会社とのコラボレーションで、

ホテル内で演奏が聴けるという企画です。

私たちの演奏の他にも、太鼓の演奏があったり、

ダンスの企画があったりと、

イベント目白押しのようでした。

そうそう、花火も上がってましたよ。

 

ダンスのお衣装でドレスアップされてるお客様が、

演奏を聴いた後、「ダンスに行くのよ。」

と話してらして、

とても素敵だなあと思いました。

ご夫婦でダンス、素敵ですよねえ。

 

今夜はjazzのスタンダードや、映画音楽など、

おなじみの曲をたくさん演奏したのですが、

皆さんすごく熱心に聴いてくださり、

温かい言葉をたくさん掛けていただきました。

今日は本当にたーくさん声掛けてもらったなあ。

 

そういう一期一会がとても嬉しい・・・

深瀬くんとの久しぶりの演奏もすごく楽しくて、

演奏できるって、やっぱ純粋に幸せ、

と噛みしめた今夜。

明日もまたタングラムです。

楽しみだな♪

気功

ビジョンヨガの回でも書いたように、

普段から首こり、肩こりに悩まされております。

 

で、そろそろ限界・・・と思うと行く所がありまして。

気功にてこりをほぐして下さる先生がいるのです。

 

結構若い頃から、

マッサージ系はいろいろ試しているのですが、

次の日にもみ返しがきたり、

その時は気持ちよくても、

根本的に改善されないことが多く、

こりについては半ば諦めていました。

 リラクゼーションという意味ではいいのですが。

 

そんな時、メンバーの千佳が気功に行ったと。

しかも、だましだまししてきた手首の痛みが

治ったというではないですか!

お医者さんにも、ヴァイオリン辞めないと治らない

と太鼓判を押された痛みが治った?!

 

ただ、気功ってね・・・

私、気とかを全く信じていない方でしたので、

はっきり言って怪しい。

中村先生ごめんなさい(気功の先生の名前)

でもねえ、千佳があまりにいいと言うのです。

「まあ、試しに行ってみるか」

と行ってみたところ、目からうろこでした。

 

触ってみて痛い所を、気でほぐす。

というものなのですが、

終わった後に、全身すーっと軽くなります。

ここに来てから知ったことですが、

首が痛いと思ってたら、手がこってるとか、

肩が痛いと思ってたらふくらはぎがこってたとか。

体の痛い部分だけが

原因ではない場合もあるのですね。

そんな感じで体全体をみてほぐしてもらえるので、

肩だけマッサージしてもらってる間に、

足がだるくなっちゃった、なんてこともありません。

 

しかも納得いくまでやってもらえる。

今日も一通り終わったけれど、

まだぼーっとしてます。ということで、

首と頭を重点的にやってもらいました。

するとさっきまでぼーっとしてたのが嘘のように、

 

すっきり!

 

今日の症状としては、こりというより

自律神経が疲れてるとのこと。

「最近寝られてます?」

「なかなか深く眠れません・・・」

 

ということで、帰りがけに思わず!

「快眠CD」なるものを借りてしまった・・・

もちろん気功に行った後は、寝つきも寝起きも

良くなるのですけどね。

より強化しようと思います。

さー、もう今日は寝るぞ!

クティオとクティオヘン

大好きなタイ料理屋さんがあります。

平日のランチしかやっていないのですが、

ここでしか食べれないお味で、

定期的に食べたくなってしまいます。

定期的どころか、毎日のようにみえてる方も

多そうで、いつもお客様でいっぱいです。

 

クティオクティオヘン

聞き慣れない名前ではありますが、

どちらもお米の麺料理。

クティオが汁麺で、クティオヘンが汁なし麺です。

 

だいぶ寒くなってきましたので、本日は

温かいクティオをいただきました

美味しいスープにたっぷりのもやし、麺、

鳥ひき肉、セロリ、万能ねぎ、パクチーなどが

山盛りになって出てきます。

 

あっさりしてるのに、こくのあるスープ。

どう味付けしてるのかよく分からない、

美味しい鳥肉。

食べてる時はあまり感じないのですが、

かなり効いてるガーリックに、

香ばしい風味をプラスする揚げねぎ?

(これはいまいち正体がつかみきれておらず)

仕上げの胡椒もいい香り。

 

パクチーがのっていることも見逃せません。

パクチーは好き嫌いがかなりわかれる

食材でしょうか。

なので、外してもらうこともできます。

かくいう私も以前は大の苦手・・・

しかしながら、自称アジア好きの私としては、

パクチーを克服せねば、面目がたたぬ(何故?)

と、ことあるごとに食べ続けたのです。

今ではパクチーがないと物足りないと思うように。

 

あ、そうそう、食卓にある唐辛子入りのナンプラー、

お酢、唐辛子のオイルなどで、味付けをすると、

また違った味わいが楽しめます。

 

今日はクティオでしたが、暑い季節は

かなりにの割合でクティオヘンをいただきます。

これの味付けは全く不明(笑)

タイ料理に詳しい方はご存知かもしれませんが、

私には皆目見当のつかない美味しい味です。

 

あー、今日も美味しかったなあ。

写真とってくれば良かった。

また食べたいー!

そう、食べたその日にまた食べたくなる。

そんな味なのです。

チーズフォンデュ

神奈川県で働く妹が久しぶりに帰郷。

家族五人でチーズフォンデュを食べてきました。

 

チーズフォンデュを初めて食べたのは

小学校4年生ぐらいだったと思うのですが、

当時は、独特で濃厚なチーズの風味と

アルコール感たっぷりなワインの味が

どうにもこうにも受け入れ難く、

「チーズフォンデュというのは

えらくハイカラな食べ物。

これを好きになるのは難しい・・・」

完全なる敗北感でした。(笑)

 

小さな頃から料理好き、美味しい物好き、

そして新しい物好きな私としては、

是非このハイカラな食べ物を

「チーズフォンデュって美味しいよねえ。

私大好きなの!」

などと言いながら、スマートに食べてみたい。

という願望がありました。(どんな小学生・・・)

 

あれから時を経てお酒も飲むようになり、

かつて独特と思ったチーズの風味は

深い旨味となり、

ワインの風味はかぐわしい。

とさえ感じられるようになった今!

家族でフォンデュ鍋を囲むのも、味わい深ろう。

なーんて、ただ食べたかっただけなんですけど。

 

今回はチーズフォンデュパーティー

というイベントへの参加でしたので、

車輪のように大きなチーズをその場でカットし、

すりおろしました。

 

鍋肌ににんにくをこすりつけ、香りがたってきたら

白ワインを投入。沸騰する寸前まで温めた所へ

エメンタールチーズとグリュイエールチーズを

溶かし、レモン汁を少々。

ナツメグ、パプリカ、ブラックペッパー

などのスパイスも入れて混ぜます。

グツグツ、ボコボコ、チーズがいってきたら、

もう食べ頃。

パンにチーズを絡めていただきまーす!

 

フォンデュというのは、スイスでは男の料理

なんですって。

という訳で、今日は父が食卓にて調理。

普段料理をしない父のスパイスも

ふりかけられたせいでしょうか?

久しぶりのチーズフォンデュ、

 

美味しかったー!

 

やっぱ大人の味ですね・・・

小学生時代の私に言ってあげたい!

「いずれ楽しめる日が来るわよ」と。

ビジョンヨガ

お友達の畔上さゆりちゃんが、

ビジョンヨガのインストラクターをしている。

 

職業柄もあるのだが、私は首こり、肩こりがひどい。

運動なども進んでやる方ではないため、

肩はこる一方。冬になったら冷えもある。

 

そんな私が分かったこと。

「柔軟体操的なものは好き♪」

これはピラティスを始めて気付いたことだ。

 

昔から体は柔らかい。

何より体を伸ばすのは気持ちいいし、

体がほぐれて肩こりも楽になる。

そんな訳でヨガにも興味があった。

しかも会場は、我が教室のあるビル内だという。

で、早速参加してみた。

 

ピラティスのポーズは結構きついものも多い。

それを自らに課し、追い詰めていく感じが

なかなかにやってる感があっていいのだけど、

そんなイメージでビジョンヨガを受けてみたらば、

なるほど、全く違うものであった。

 

ひたすら呼吸をしながら、指圧をしたり

ストレッチをしていく。

自分のペースでのんびりと、

痛気持ちいいところを伸ばしていく。

これ、呼吸がポイントだそうだ。

「痛いーっ」と思って呼吸を止めてしまうと、

痛みが残ってしまうという。

 

一時間半かけてじっくり体をほぐすうち、

体がどんどんゆるんでくるのがわかる。

そのうち眠くなってきた。

「あー、気持ちいい・・・」

 

しかも初めてやった時に、

次の日の目覚めが異常に良かったのだ。

今日が二回目。

明日の朝がまた楽しみ!

 

ビジョンヨガ、長野で教室を開いているのは

まだ彼女だけだそうです。

是非お問い合わせ下さいませ。

ok.sou.lov@rose.plala.or.jp

今日の猫村さん

これほどホッとする読み物を他に知らない。

「今日の猫村さん」は、漫画である。

ネット上での毎日一コマ更新、鉛筆だけで書かれた

独特の脱力感が話題に。

現在も連載中という。

 

猫村さんは猫の家政婦さん。

猫村さんの日常が、鉛筆の優しいタッチで、

淡々と描かれている。

猫村さんが勤める犬神家の家族も

淡々としているが、妙な味がある。

大学教授の主人に、美人の奥様。

優秀な長男と、不良の妹。

 

不良というのも今では死語だろうが、

まさに不良なのだからしょうがない。

今時珍しいロングスカートの制服に、

てんこ盛りリーゼントのお友達。

五月雨ヶ丘にて特攻服で集会するらしい。

 

まあ、内容がどうのこうのはあまり言うまい。

ただただ猫村さんに癒される・・・

 

猫がおにぎりを握り、掃除機かけるその姿。

常に立て結びの前掛けエプロンで、

かいがいしく働く様子にロックオン。

 

悲惨な事件のニュースが後をたたず、

人間関係も希薄な、世知辛い世の中。

しばし日常から離れ、

猫村さんに癒されようではないか。

お昼ごはんのこと

Satiaレッスン時にお昼をまたぐ時は、

自分たちでご飯を作るようにしています。

一日目は文子のカレー。

二日目がある時は、最近私が作っています。

長野に帰ってきてからというもの、

私が料理できるということを、

なかなか信じてもらえない日々・・・

 

学生の頃には、

私の部屋で飲み会を開き、

その一切の料理を私が作るようなことを

しょっちゅう!していたのです。

またの名を「小料理屋 さとこ」

 

そんな訳で、ご飯を作ってもてなすことは

大好きなのですよ。(基本、余裕があれば・・・)

 

で、今日のメニューは、

一人暮らし時代に渋谷のカフェで食べ、

美味しかった丼を真似たもの。

もっと洒落たネーミングだったと思うのですが、

忘れてしまったため、豚丼と言っておきましょう。

牛丼のようにお肉を煮るのですが、

その際、恐ろしい程生姜の千切りを入れます。

私、生姜風味って大好きなんですよねえ。

煮物も炒め物も、やたら生姜を入れたくなっちゃう。

 

今回は、一皿で満足できるよう、

ちんげん菜と煮卵も添えました。

卵を半熟にすると、これまたいい感じ。

とろっとした黄身を見ると、

否が応でもテンションは上がるというもの。

 

次回はお酒も持ち寄って、

教室で飲み会しちゃおー!

てな話になりました。

 

懐かしいなあ。そういうの。

すごく楽しみー♪

初雪

今日、仕事の合間に出掛けた時のこと。

車のフロントガラスにちらちらするものが。

 

あっ、雪・・・

 

雪ってたくさん降ると大変!

でも、あの初雪の嬉しさってなんだろう。

今日もホッコリした気分になりました。

 

今年は寒暖の差が激しかったということで、

紅葉が美しいですね。

そんな木々の葉が落ちてきたなあ

と思ったら、もう雪。

 

寒さが身に沁みる季節になりましたねえ。

アドリフのこと

アドリフとは・・・

私が5、6年前からやっているバンドの名前である。

クラブなどでマイペースに活動しており、

なかなかかっこいい音楽をやっていた。

しかしながら、結婚や出産(正確に言うと妻の

であるが)、その他もろもろの事情等により、

1年以上活動休止状態であった。

 

そのアドリフが遂に復活!

 

ということで、昨日久々スタジオにてリハーサル。

メンバーはギターのアポポ、キーボードのしめ、

ベースのずわいがに。

私以外のメンバーは、それぞれ音楽以外の仕事を持っている。

紆余曲折はあるようだが、みんな誇りを持って仕事をしていてとてもかっこいい!

私はそんなメンバーを尊敬している。

まあそんな訳で、リハはみんなの仕事が

終わってからなので、当然深夜に及ぶ。

久々のリハは、年を取ったためか体がきつい・・・

でもね、

 

すっごく楽しかったー!

 

私はアドリフを始めて、音楽は楽しむものだ!って改めて教えられた。

当時の私は、自分の評価などを気にするあまり、

技術的なミスをなくすことばかり考えていたのだ。

そんな時言われた言葉、「聡子は上手だけど、

ちっとも楽しそうじゃないね」

そういう体験を、言葉を、たくさんもらって

今の私がある。

昨日も、リハビリとか言いながら、

全身で音楽を楽しむメンバーの姿を見て、

その頃のことを思い出したよ。

そして、やっぱ音楽っていいなーって思った。

そして、アドリフの音楽って

 

やっぱ私好きだなーって思った。

 

11月23日(日)、上田Loftにて。

時間は分かりません(笑)

早くて夜11時から、遅ければ1時ぐらいから

ライブします。

久々のアドリフ、オリジナルを中心に演奏致します。

次の日はお休みです。是非、遊びに来て下さい。